N社の展示ブース

SCビジネスフェア2018のブースデザイン。クライアントは参加型の展示を企画しており、楽しみながらより多くの人に展示をみてもらおうと考えていた。
一般的に展示会場はグリッドで構成され、各ブースは軸にそうように壁がたてられるのに対し、今回の計画では6m×6mの中で十字の壁を45度回転させ、対角線状に抜けられる構成とした。そして十字の交差する点の高さを抑え、各コンテンツの壁毎に表( 展示 )と裏 (投票結果)をつくることで、ブースの中を回遊しながら参加型の展示を体験することができる。

基本設計勝亦丸山建築計画

実施設計ノムラデュオ

監修乃村工藝社

サイン遠藤光太

撮影千葉正人

ブース賞サポート企業 金賞

 

©2015 KATSUMATA + MARUYAMA ARCHITECTS