FLOW

1. 事前相談

まずは、メールにてお問い合わせ頂いた後、直接お会いしてご要望をお伺い致します。その際に土地の資料やリノベーションや店舗設計の場合は、既存建物の図面や写真などの資料をお持ちでしたら、ご持参下さい。また、土地の選定等につきましても可能な限り協力させていただきます。

[ 無料 ]

 

2. 提案書作成

ご要望と敷地の資料を元に、法的な条件や敷地の事前調査の上、設計依頼の検討をいただくための提案書を作成いたします。提案書は平面図、断面図、パース、模型写真などとなり、提案に了解いただければ本契約へと進みます。

[ 提案書作成の着手金として10万円を頂いております。設計監理契約に至った場合、その契約金額に充当します。 ]

 

3. 設計契約

設計監理契約を締結させていただきます。この段階から正式に設計依頼をされたことになります。

[ 着手金として設計料の30%をご請求させていただきます。 ]

 

4. 基本設計

提案書を基に打ち合わせを重ね、納得のいく基本設計プランを決定します。素材の選定・設備の検討・構造の検討は併せておこなっていきます。またこの時点で工事費の概算を算出いたします。

 

5. 実施設計

実施設計図書をもとに3社程度の施工会社に見積りを依頼します。コストと技術的な信頼度を検討し、施工業者選定の助言をいたします。またお客様の代理人として、確認申請など関係諸官庁への必要書類の作成、提出を行います。協議をし、建築着工までの許可申請手続きをします。

[ 中間金として設計料の30%をご請求させていただきます。 ]

[ 確認申請手数料はお客様の負担となります。]

 

5. 見積・確認申請

実施設計図書をもとに3社程度の施工会社に見積りを依頼します。コストと技術的な信頼度を検討し、施工業者選定の助言をいたします。また工事に入る前に、確認申請書類等諸官庁への必要書類の作成、提出を行ないます。この作業は弊社が、お客様の代理として行ないます。

 

6. 工事監理

工事着工後、お客様の代理として、図面どおりに工事が行なわれているかを検査・監理し、適宜現場での打ち合わせを行います。詳細な部分やデザインなどは現場で決定することもあります。また、段階に応じて構造の専門家と共に検査を行います。

 

7. 竣工検査

工事完了時には、お客さま立会のもと竣工検査、引渡しを行い、残工事や手直しの確認を致します。また、審査機関の完了検査に対応します。

[ 竣工時に設計料の残額を請求させていただきます。 ]

 

©2015 KATSUMATA + MARUYAMA ARCHITECTS