DESIGN
OPERATION

デザインオペレーションとは

「その場所や前提の条件を探り(RESEACH)、そこに何が必要かを考え(DESIGN)、実践を通して学びを得る(OPERATION)」までを行う設計事務所です。

デザインオペレーションとは

建築の価値は築年数や評価額、立地のみでは計れないと考えております。建築設計事務所ならではの独自の市場の価値観と人的プラットフォームを活用して、既存建物の再活用の方法と提案し、実際に建築の運営を行います。建築の価値を共有できるユーザー向けのシェアハウスやゲストハウス
デザインオペレーションは、下記の図のような建築家が運営までを一体的に行う仕組みで、設計と運営を横断的に行うことで生まれる付加価値による新しい不動産価値を作ることを目指しています。 企業やサービスの成長がまちの成長にも影響を与えることを目指した事業構想をしています。

プロジェクトの特徴

プロジェクトの特徴

1.未完の竣工

更新を前提とした未完成な空間のまま始めることで、イニシャルコストが削減する。初期費用よりも再投資に重点を置き、事業の状態や運営の学びのなかで空間を更新していく。

プロジェクトの特徴

2.ストック型収益への転換

更新を前提とした未完成な空間のまま始めることで、イニシャルコストが削減する。初期費用よりも再投資に重点を置き、事業の状態や運営の学びのなかで空間を更新していく。

プロジェクトの特徴

3.建築の更新

更新を前提とした未完成な空間のまま始めることで、イニシャルコストが削減する。初期費用よりも再投資に重点を置き、事業の状態や運営の学びのなかで空間を更新していく。

プロジェクトの特徴

2.ストック型収益への転換

更新を前提とした未完成な空間のまま始めることで、イニシャルコストが削減する。初期費用よりも再投資に重点を置き、事業の状態や運営の学びのなかで空間を更新していく。

プロジェクトの特徴

5.プロジェクトとの連携

更新を前提とした未完成な空間のまま始めることで、イニシャルコストが削減する。初期費用よりも再投資に重点を置き、事業の状態や運営の学びのなかで空間を更新していく。

システムについて

システムについて

サブリース方式

住宅所有者(家主)は入居者との賃貸借の締結などは行いますが、一部の運営管理業務を運営管理事業者に委託する方式です。家主の初期費用の負担と手間を少なくすることができます。

委託方式

住宅所有者(家主)は運営管理事業者に物件を賃貸し運営管理事業者が入居者に転貸する方法で運営管理は全て運営管理事業者が行います。家賃収入はサブリース方式は高いですが、初期費用の投資、運営手間、空室リスクが伴います。

事例紹介

詳しくはこちらまでお気軽にお問い合わせください。

※よくあるご質問はこちらをご覧ください。